« ららぽーと豊洲 | トップページ | 文化人類学入門 »

2006/12/26

反三国志

Photo_22 著者の言うところ「正史三国志偽物であり、本当の三国志は五胡十六国時代に散逸してしまった」。

古本屋かなんかで本当の三国志を発見!して著者が世に問うた「反三国志」

物語は曹操荊州侵攻からスタートする。

趙雲馬超の妹と結婚!

勝って、勝って、勝ちまくる

とどめは諸葛亮孔明司馬懿仲達爆殺

(劉備)が(曹操)、(孫権)をやっつけて復興!

とにかく凄まじい度肝を抜かれる内容だ。

あなたが例え劉備ファンだとしても「いくらなんでも・・・」と言うだろう。

今まで「正史」の記述のおかしい所を指摘したり、異説を唱えたりした物はあった。

しかしフィクションと書かずに堂々と発表されたものは初めてかも。

義経ジンギスカンになったり、織田信長世界統一したりする方がまだ現実味がある。

めっちゃ愉快な本だ。但し分厚い

内容が単調なだけに、読むのが辛い

|

« ららぽーと豊洲 | トップページ | 文化人類学入門 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反三国志:

« ららぽーと豊洲 | トップページ | 文化人類学入門 »