« 卑弥呼誕生・「魏志」倭人伝の誤解からすべてが始まった | トップページ | テーブルウェア・フェスティバル2007 »

2007/02/09

大井町・ラーメン「江戸一」

Hi350079 大井町のラーメン屋、ラーメン「江戸一」

店内にはいると両脇の人がつけ麺を食べていた。

壁にもつけ麺の食べ方の張り紙がある。

これはと、みそつけ麺650円を注文。

Hi350078麺類を注文するとライス小無料とうれしいサービスがある。

調理場にはジミー○西さんみたいな兄ちゃんが一生懸命麺を茹でている。

僕のちょうど前で茹でる鍋のお湯を交換したため、10分ほど待った。

まずつけ汁と最後に薄めるために入れるスープのやかんが運ばれてきた。

トッピングはもやしとシナチク、山菜だ。

みそスープはかなり濃厚。

麺が到着。中くらいの弱縮れ麺。もう少し麺が堅めの方が良いと思う。

これは多いぞ。食べ始めるがなかなか減らない。

2/3くらい食べてギブアップ

スープを薄めて飲むが、食べたものが逆流しそうだ。

味がどうこうじゃなく、食べ切れません。(味もちょっと・・・?)

周りの人と皿の色が違う?!

大盛りを注文していないのに大盛りが来たみたい。

道理で横の人は軽く完食して行くわけだ。

兄ちゃんにその旨を伝えて650円を支払う。

|

« 卑弥呼誕生・「魏志」倭人伝の誤解からすべてが始まった | トップページ | テーブルウェア・フェスティバル2007 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大井町・ラーメン「江戸一」:

« 卑弥呼誕生・「魏志」倭人伝の誤解からすべてが始まった | トップページ | テーブルウェア・フェスティバル2007 »