« 外来生物 | トップページ | 銀座 »

2007/05/25

だんじり讀本

岸和田だんじり讀本
ひさしぶりに江さんのブログが更新されている。

「日本一だんじりなエディター」江弘毅の甘く危険な日々
そこに岸和田だんじり讀本なる文字が!

だんじり若頭日記をテキストにして祭を知らない嫁はんへ教育をしました。
そのおかげで「寄合やったら、しゃあないなぁ」というコンセンサスが得られて夫婦円満です。
これから岸和田以外の女性と結婚するだんじりファイターはテキストとして使用することをお勧めします。

だんじり讀本は若頭日記のさらに上級向けの内容を期待しています。
「かきもと」のかんとだきや「ふじわら」のからやきとか出てるとか!

以前テレビで津和野の地元の青年会の活動を放映していました。
そこでは地元のお年寄りから昔の街の写真を借りて年代を検証して編集し、
上映会を開くというもので上映会の会場は何代も続く造り酒屋の蔵でした。

岸和田においても同様のイベントをすれば、面白いものになるのではないでしょうか。
会場は「だんじり会館」がふさわしいと思います。(かじや町でも良いが)

昔の町並みや祭の風景を見ることは懐かしく、賑わいを取り戻すヒントになるかもしれません。

僕も齢を重ね、当然オヤジもエエ歳です。
今の間に町並みの資料など記録しておく必要を感じています。

|

« 外来生物 | トップページ | 銀座 »

コメント

ええどええど。

投稿: 五軒屋・江  | 2007/05/28 23:37

ええぞええぞ。

投稿: 五軒屋・江 | 2007/05/28 23:39

どうもどうも。
ブログに登場するJアン・K隆くんとは同級生です。

投稿: はるちん | 2007/06/18 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だんじり讀本:

« 外来生物 | トップページ | 銀座 »