« 聖書vs.世界史―キリスト教的歴史観とは何か | トップページ | 9条どうでしょう »

2007/06/16

国立新美術館 モネ展

Bijutu0033 Bijutu0035国立新美術館はコレクションを持たず、国内最大級の展示スペースをもつ名前の通り「新しい」美術館です。

設計は元・東京都知事候補「黒川紀章」。

コレクションを持たないって美術館としてどうよ?

ハコモノの多目的ホールとの差が判らん。

             

モネ展が残り少なくなったので出掛けましたが、めっちゃ混み。

入場するのに30分も並んで待つことになった。

展示室へ入っても当然混みまくり。

ベビーカーを押しては無理だと判断して、抱っこに切り替え。

Bijutu0036 泣きだしたため再びベビーカーへ。

それでも泣きだし、ゆっくり絵を見ることができませんでした。トホホ。

館内の他の展示室では水墨画や書道などの展示が行われていました。

嫁はんはここにしかないフランス料理が食べたい!と申しております。

Bijutu0031 Bijutu0038 もう一つの新スポット「東京ミッドタウン」。

セゾンカードの勧誘をしているから「西武系」でしょうか。

地下はフードコートも備えてます。

オー、ベリー、エクスペンシブなのです。

|

« 聖書vs.世界史―キリスト教的歴史観とは何か | トップページ | 9条どうでしょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国立新美術館 モネ展:

« 聖書vs.世界史―キリスト教的歴史観とは何か | トップページ | 9条どうでしょう »