« 大井町阪急閉店 | トップページ | SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2005-2007 »

2008/04/01

ガソリン暫定税率期限切れ

ガソリン暫定税率の期限が切れて1リットルあたり25円安くなる。
すでに出荷している分もあるから、今日すぐ安くなるというわけではないらしい。
政府与党もギリギリまで野党と協議したかったが、審議できずに終わった。
福田首相も頑張ったがダメでしたという記者会見を開いていた。
税収が減る、ロンドンのガソリンの値段は250円で日本はそれでも安い、ガソリンが安くなるとみんな車に乗るから二酸化炭素排出量が増える、洞爺湖サミットを前にメンツが立たない・・・。

1.税収が減る
  家庭でも収入の範囲内で遣り繰りを考えるのが普通です。
  借り入れるのであれば明確な目標が必要でしょう。
 
2.日本のガソリンは安い
  ガソリンだけについて話をしても??です。
  じゃあ家賃は安いのか、そのほかの消費財はどうなのか。
  そのほかの物価を含めてどうなのかを議論しなくてはいけない。
 
この辺りから理由が寂しい。
 
3.二酸化炭素排出量が増える
  確かに車に乗るかもしれない。
  しかし2倍も乗れない。
  全排出量中のガソリン自動車の割合を示さないとなかなか納得できない。

4.洞爺湖サミットがある。
  これはちょっとどうかと思います。

実際は税収を確保して道路を作りたい。又は一般財源化して他にも使いたい。
交通事情の悪い地方が存在するのは事実として道路の必要性を国民にきちんと説明し、納得させた上で税負担を求めるべきだと思います。
もっともマッサージチェアを買っていては納得する人はいないでしょうが。

また、揮発油税が一般化されるのであれば「暫定」を無くすべきで、税率についてきちんと説明して欲しい。
そして使い道を明らかにして、効果の評価も行って無駄に使われることがないようチェックすることが重要です。

|

« 大井町阪急閉店 | トップページ | SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2005-2007 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガソリン暫定税率期限切れ:

« 大井町阪急閉店 | トップページ | SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2005-2007 »