« 村っちゃん、ライブ続々決定 | トップページ | ゴチ10、新メンバーはそう来たかぁ »

2009/01/07

アフリカは本当に貧しいのか

Photo

西アフリカで筆者が暮らして気付いたアフリカ評。

 

平均寿命45才の国があったり、成長率が以前より下がっていたりとやはり貧しく映っている。

でも生活様式など物質に囚われないという考え方をすればどちらが貧しい(豊か)と一概に言えない。

南北格差を減らすという名目で北の国はお金による援助を続けている。

しかし格差は無くならず、以前より大きくなった。

援助したお金が民衆の支持しない国家の継続に組していることもある。

それはエネルギーや貴重鉱物を得るための投資という側面が強いからだろう。

援助に対するリターンを求めるのは悪いことなのか僕には難しくて判らない。

 

ではお金以外の物資は?

モノを送るなど物質的な援助は地元の経済を壊してしまうことがある。

援助の内容として一見よさそうであるが問題点がある。

 

じゃあ、インフラ整備は?

井戸や灌漑設備が出来たら、それだけで簡単に農作物が出来ると思っていないだろうか。

インフラ整備だけでは改善できないことが多い。

 

必要なのは自分たちでコントロールするシステム。

協力すべきはシステムの構築の援助だろうか。

 

北の援助が南のニーズに合っているかよく考えたい。

|

« 村っちゃん、ライブ続々決定 | トップページ | ゴチ10、新メンバーはそう来たかぁ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アフリカは本当に貧しいのか:

« 村っちゃん、ライブ続々決定 | トップページ | ゴチ10、新メンバーはそう来たかぁ »