« 現金書留 | トップページ | ムスコが立った »

2009/05/29

蛇の抜け殻

仏像がよくわかる本

蛇の抜け殻を財布に入れるとお金が貯まる、そんな迷信がある。

蛇とお金にどんな関係があるのか。

お金の神さまで思いつくといえばえべっさん、弁天さん、お稲荷さん。

弁天さんは正しくは弁才天といい、仏教に取り入れられたインドの河川の神様だ。

弁才天は水の神という性格から日本の水神信仰と結びつき信仰が広まった。

いつか福の神としての信仰も広がり、弁財天と書くようになった。

銭洗弁天は水神と福の神が一緒になったわかりやすい例だ。

その弁才天の使いが「蛇」である。

古来、日本で蛇はネズミを食べたりするため、家を守るとされた。

福の神である弁才天の「使い」という性格と家を守るという性格が合わさり、蛇の抜け殻を財布に入れるとお金が貯まると考えられたのだろう。

は虫類だけに目からウロコ。

|

« 現金書留 | トップページ | ムスコが立った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蛇の抜け殻:

« 現金書留 | トップページ | ムスコが立った »