« みどり寿司、ほぼ改装完了@北千束 | トップページ | ムスコが巨大化したから »

2010/05/15

パワーショベルの解体修理

最近のおもちゃは良く出来てます。

パワーショベル、リモコンで前進後進、旋回、アームの上下します。

アームの操作ができなくなったので分解してみました。

Ca391385

子供が力任せにアームを動かすから、軸受の部分の部品が割れてしまったようです。

瞬間接着剤でもいけそうですが、衝撃が加わるとたぶんもたないでしょう。

根本的な解決は材質と同じ接着剤で一体化が一番です。

材質がプラモと同じプラスチックなのでプラ用接着剤が使えそうです。

あいにく接着剤が家に無かったので、大井町のヤマダデンキへ行きました。

(実家であれば押入れのどこかにあるんですが・・・)

プラモを作ってた時以来、久しぶりにタミヤセメントを買いましたよ。

ホンマ、久しぶりです。

匂いもそのまんま。

しばらく使っていると溶剤が蒸発して粘りが出てくんだよなぁ!

そうしたらもう使えない・・・。

アーム部分の軸受」をとりあえず接着してみましたが、子供たちのラフな使い方に耐えられそうもありません。

次、壊れたらプラ板かプラ棒で補強しないとダメですね。

|

« みどり寿司、ほぼ改装完了@北千束 | トップページ | ムスコが巨大化したから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パワーショベルの解体修理:

« みどり寿司、ほぼ改装完了@北千束 | トップページ | ムスコが巨大化したから »