« 出てきた! | トップページ | PD ついに(やっぱり!?)休刊! »

2012/02/28

若者が無縁化する

「若者が無縁化する」

現代の日本は福祉が中高年齢層に厚くなっている状況を

青年層に厚くしていくべきだと訴える。

また、ドロップアウトしそうな若者の職業訓練など

セーフティネットの重要性を説く。

私も勤労者世帯の子育て・教育支援を拡充が解決の一つだと思う。

たとえば、

子どもを預けながら働けるような仕組みを作る。

教育については公教育は原則無料にする。

などがある。

それらが進めば少子化も少しは緩和できると考える。

著者が述べるように職業訓練は

若者が就業するうえで重要だと思う。

ここで述べられている職業訓練は製造業に関することと理解した。

実業の職業訓練について、

従来の製造業で正社員として働くことには有効だが、

ワーキングプアの解消につながるとは限らない。

製造業に従事して製品を作るということは

人件費の安い海外商品と同じ土俵で戦うということだ。

高い付加価値を付けることができないと

人件費である給料を下げざるを得なくなってくる。

これでは正社員だが貧しいという構造は変わらないのではないか。

現代は経済が国境を越えている時代だから

国内だけの教育問題を考えてもうまくいかない可能性が高い。

この手の本は「無駄な公共事業をしない」など

無駄な理由を述べることなく批判したり、なんだかなぁ。

現在の状況に至った原因は教育に長く携わってきた人に理由もあるだろう。

政治や行政、企業に責任を求めてばかりで本人たちに反省はないのだろうか。

【送料無料】若者が無縁化する

【送料無料】若者が無縁化する
価格:798円(税込、送料別)

|

« 出てきた! | トップページ | PD ついに(やっぱり!?)休刊! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若者が無縁化する:

« 出てきた! | トップページ | PD ついに(やっぱり!?)休刊! »